NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

ポルジンギスがセンターを拒否!?

ポルジンギスがセンターを拒否!?

カーメロ・アンソニーの移籍(ニックスからサンダーへ)が決まったことにより、ニックスは22歳のクリスタプス・ポルジンギスに再建の命運を託すことが濃厚となっている。

クリスタプス・ポルジンギスは220.98cm(7-foot-3)の身長と、その身長に似つかわしくないアウトサイドシュートやドライブを兼ね備える将来を渇望されているプレイヤーだ。昨シーズンのスタッツは18.1得点、7.2リバウンド、2ブロック、1.7本のスリーという申し分のない記録を残している。

昨シーズンはパワーフォワードでプレイしたクリスタプス・ポルジンギスだが、ニックスのコーチ陣は彼をパワーフォワードで起用するかセンターで起用するか決めかねているようだ。ただ、New York Daily Newsによると、クリスタプス・ポルジンギスはセンターでプレイすることに否定的な模様だ。彼のコメントによると、

“ニックスにとって私が4番(パワーフォワード)でプレイすることがより良いと思う。特にノンシューティング4(アウトサイドが苦手なパワーフォワードの選手)に対してプレーしているなら、私は多くのことができる。私が5番(センター)とマッチアップしているとき、ビッグメンと何度もぶつかることで多くのエネルギーを浪費してしまう。 明らかに、(センターとマッチアップしていれば)オフェンス面で優位を持っているが、私はちょうど4番でプレーするのが快適だ。”

原文
“I think it’s better for us, me at the 4, especially if I’m playing against a non-shooting 4, I can do a lot. When I’m playing against the 5, I’m fighting with the big a lot of times and I’m wasting a lot of energy. Obviously, offensively I have an advantage at center, but I’m just more comfortable playing at the 4.”

近年低迷が続いたニックスの再建が成功するかどうかはクリスタプス・ポルジンギスにかかっていると言っても過言ではない。

Photo by Bren Allen

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top