NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

サンズ、キャブス間のトレードの可能性やいかに?

サンズ、キャブス間のトレードの可能性やいかに?

ロケッツのビッグマン、ライアン・アンダーソンとサンズのマーキース・クリス、ブランドン・ナイトのトレードでは、ロケットはラグジュアリー・タックスの削減が必要であること、サンズはポイントガードが明らかに不足していることが明らかになった。シャキール・ハリソン、エリー・オコボ、アイザイア・キャナン、そして新たに加入したディアントニー・メルトンを有しているサンズだが、このあまり興奮しない4人組以上のポイントガード探しをする必要が大いにあると言えよう。


サンズがポイントガード不足に悩む一方、クリーブランド・キャバリアーズは、その最適な解決策であるジョージ・ヒルを提供できる。さらに、将来のチームの土台となる、フランチャイズプレイヤー、つまりルーキーのポイントガード、コリン、セクストンの入団は、ヒルの出場時間をセクストンに譲ることにつながりそうだ。


このように、キャブスとサンズの間には、ポテンシャルの高いトレードの必要性が浮かび上がっている。


Dan Gilbert

キャバリアーズは、ジョージ・ヒル、ジョーダン・クラークソン、アンテ・ジジッッチ、TJ・ウォーレン、ドラガン・ベンダー、マイカル・ブリッジズ、タイソン・チャンドラーをトレードの要因として考えている模様だ。それは十分に実行可能だろうか?むしろ、誰が駄目だというだろうか?

そもそも、これはなぜキャバリアーズにとって理にかなっているのか?

関連性の高いものが無関係なものへ瞬時に変わることは、受け入れ難いものだ。レブロン・ジェームズがハリウッドに移籍したことは、間違いなく、チームにとって急で、苦しい試練である。


レブロンの移籍を嘆くことを終え、誰もがチームが普通のチーム、もしくは再建に向かっていると信じたとき、論理的に必要なのは契約を破棄し、再建のための金額を集めるために選手を放出することだろう。


キャバリアーズにとっては幸運なことに、サンズはフロアを統率する有望選手の問題について、サンズは深い問題に直面している。激しく戦ってきたジョージ・ヒルは、若いチームにとって、安定剤、指導者が必要であるというサンズが必死に必要としていることに確実に見合っている。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top