NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

ランス・スティーブンソン、レブロンと連携するためアウトサイドシュートを練習中!

ランス・スティーブンソン、レブロンと連携するためアウトサイドシュートを練習中!

今オフシーズンのロサンゼルス・レイカーズにとって最も興味深いストーリーの1つは、かつてレブロン・ジェームスの厄介な敵だったランス・スティーブンソンが、4度のリーグMVPに対して、どのように自分のプレースタイルを合わせ、意図を近づけあうのかということだ。

スティーブンソンは、コートでの奇妙な行動で有名だ。これとに加え、彼が下した不安な決断により、レイカーズファンは彼が7月に1年445万ドルの契約を結んだことを知った際に懸念を抱いた。


しかし、27歳の元シンシナティ・ベアキャッツのスターは、彼のトレーナー、ロブ・ブラックウェルとともに、このオフシーズン、ペリメーターのショットを練習することに多くの時間を費やしている。トレーナーは、スティーブンソンはジャンプショットが今シーズンの彼の主要な得点方法になるだろうと、アスレティックのスコット・アグネスに語った。

彼のショットは万全です。ただ、もともと、それが彼のファーストオプションだとは思いません」とブラックウェルは語った。「私たちがやったことは、ジャンプショットを彼のファーストオプションにするようにフォーカスさせることでした。彼のファーストオプションは、ドリブルし、相手を抜き去ることでした。それはいつも彼のファーストオプションです。ビデオを見ていれば、彼は非常に多くのワイドオープンなショットを提供しています。」


「彼はレブロンとプレーするスポットアップの機会をたくさん得ることになりそうですよね。そして、フロアを広く使い、スティーブンソンにキャッチ&シュートやノックダウンシュートを求める選手とともにプレーすることになります。もちろん、同様にタフなディフェンスも求められています。」

レブロン・ジェームズは、リングへと一直線に疾走するときに、外にキックアウトできるチームメイトがいれば必ず輝く。それゆえに、もしスティーブンソンが3度のNBAチャンピオンの相棒であることを証明したいのであれば、昨季ペイサーズで記録した28.9%の3ポイントパーセンテージを改善する必要がある。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top