NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

サンダーのポール・ジョージ、カーメロの移籍について言及

サンダーのポール・ジョージ、カーメロの移籍について言及

オクラホマシティ・サンダーがカーメロ ・アンソニーをデニス・シュールダー、マイク・ムスカラと引き換えにアトランタ・ホークスへトレードしたことは、一般的には、サンダーにとって正しい動きと見なされていた。


アンソニーは苦難の2017-18シーズンを過ごした。バスケットボール・レファレンスによれば、彼はキャリア最低のフィールドゴールパーセンテージ40.4%、1ゲーム当たりの平均得点16.2点と出場時間32.1分を記録した。彼はラッセル・ウエストブルックとポール・ジョージのプレイメイキングスタイルにフィットしていない場面が頻繁に見られた。


しかし、アンソニーは10度のオールスターであり、得点の才能は過小評価されている。さらに、NBA.comによると、動きのあるオフェンスを得意としないにもかかわらず、昨年のサンダーのキャッチ・アンド・シュートの3ポイントのうち、37.8%を放っており、依然として脅威である可能性を示した。


アンソニーの忘れられた才能と実績かあるからこそ、アンソニーがもっと溶け込めていればもっとうまくやっていけた、とジョージは考えているようだ。


ESPNのロイス・ヤングは、ポール・ジョージに、アンソニーが他チームでプレーしていることは、ジョージ、ウェストブルック、サンダーにとって有益かと聞いた。ジョージは、昨年カーメロがフィットせず、共に寂しいシーズンを過ごした事実はあるものの、もっとうまくやっていけたのではないかというか、という考えも明らかにした。


「いいえ。去年は一緒にいる時間が短かったと思います。今年こそが、私たちの年になると思っていました。私たちは昨年、実戦を共に戦う上で物事を学ぼうとしていました。チーム全員にとって、よい学習体験になりました。」


「今シーズンは、去年とは違ったチームになれたと思っています。私たちは何がうまくいくのか、何がうまくいかなかったのか、今ではわかります。おそらく、皆さんが分かることではないと思います。」

 

アンソニーは現在、ヒューストン・ロケッツでプレーしている。彼はオクラホマシティ・サンダーの時以上に、3人目の脅威になることが期待されている。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top