NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

ヒートのドウェイン・ウェイド、最後のシーズンに向け「怖気など全くない。むしろ興奮している」

ヒートのドウェイン・ウェイド、最後のシーズンに向け「怖気など全くない。むしろ興奮している」

マイアミ・ヒートのレジェンド、ドウェイン・ウェイドは16年目にして、最後のシーズンを迎える。殿堂入り候補の彼の心には怖気など全くなく、今年に興奮しているとのことだ。

ウェイドは、トレーニングキャンプが始まる1週間前、ベテランミニマムに相当する1年間の契約をヒートと交わした。彼は元ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントが2015-16年シーズンに行ったような、別れのツアーをしようとしている。


「怖気など全くないですよ。」ウェイドは
、サン・アンチネルのアイラ・ウィンダーマンに対し、アメリカン・エアラインズ・アリーナでの練習後、語ってくれた。「むしろ興奮しています。プレーをしたくてたまりません。ここまで懸命に取り組んできたのですから。」


「別れの時がくることもあるだろう、というのは確信しています。私は一生懸命やってみるつもりです。しかし、それと同時に、私はゲームに集中するためにチームにいるわけですし、その部分については、また違った準備をしています。しかし、試合では、その時に味わえない瞬間、その時にしかいられない場所、そのときにしかいない人々を目にすることができるでしょう。私はもう少しそれらを吸収したいですし、その全てを理解したいと思っています。」


ウェイド
は、ヒートにおいて、通算得点、アシスト、スティール、試合数でトップを走っている。彼は3度の優勝を経験し、2006年にはファイナルMVPを受賞した。シカゴ生まれの彼は、背番号3番のジャージーとともに、マイアミで引退する予定だ。今年はウェイドとサウスビーチのファンにとって、感動的なものになるだろう。

昨シーズン、ヒートでのレギュラーシーズン21試合で、ウェイドは平均12.0得点を記録した。彼はクリーブランド・キャバリアーズで2017-18年シーズンをスタートしたが、2月のトレードデッドライン直前でヒートにトレードされた。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top