NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

クリス・ボッシュ、選手が自分の好きなように移籍を希望することについて肯定的!

クリス・ボッシュ、選手が自分の好きなように移籍を希望することについて肯定的!

レブロン・ジェームズとクリス・ボッシュが2010年、マイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドと手を組み、サウスビーチに彼らの才能をささげたとき、NBA史上最初のスーパーチームだと多くの人から評された。

また、スター選手同士がお互いの力を認め、FAにより彼らの運命を決めたのも初めてである。クリス・ボッシュは、お互いの意向を伏せる必要はないと語っている


NBAドットコムのセコウ・スミスによると、ボッシュはこう語った。


「私たちは確実に、隠すことなく考えていました。それは、自分のすべての光景を変えたものでした。なぜなら、「君が移籍すれば、私もここに移籍して、素晴らしい光景を手に入れるよ」という感じでしたしね。必ずしもそうする必要もないですけれども。」

「選手は自分の意思決定をすることができます。それはまさに、すべての物語を始める出来事、イベントなのです。その瞬間を振り返り、「ああ、あんなことやこんなことがあったな」と言える日が来ることでしょう。これこそが、現代のアスリートが最近行っているのと同じことなのです。」


2010年以来、リーグのスター選手が自分の力を自分の好きなように使うことが多くなった。ケビン・デュラントはFAになり、オクラホマシティ・サンダーを離れ、ゴールデンステイト・ウォリアーズに加わった。カイリー・アービング、カワイ・レナード、ポール・ジョージ、現在ではジミー・バトラーが、チームとの契約中にも関わらずトレードを希望した。

プレーヤーにとって、今の時代は昔と異なる。選手たちはみな、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュ、ドウェイン・ウェイドが自分のあらゆる力を利用したのを見てきたのだ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top