NBA速報

NBAの最新情報をお届け!

ウォリアーズはオラクル・アリーナに対し40ミリオンの負債を支払う模様!

ウォリアーズはオラクル・アリーナに対し40ミリオンの負債を支払う模様!

ゴールデンステーイト・ウォリアーズは2019年に新たなアリーナに移籍することに興奮しているが、オラクル・アリーナで達成すべきことはまだいくつか残っている。最近フランチャイズは、現在のアリーナに40ミリオンの負債があることが明らかになった。この負債は、オラクル・アリーナが改装された1996年に発生したものだ。

ザ・マーキュリー・ニュースによると、ウォリアーズは契約書の文言を書き直そうとしたようだ。しかし、レベッカ・ウェスターフィールドが中立な仲裁人として設置された。彼女は街に味方し、ゴールデンステイトに古い設備の改修費用の支払いを求めた。


「ウォリアーズが契約書を書き換えたことは事後の試みであり、オークランドとアラバマの人々にその負債を覆わせることになっていたでしょう。」と、市と郡を代表する弁護士のダニエル・パーチェルは述べた。 「仲裁人が私たちに味方してくれたことに感謝します。」


ウォリアーズ
はここ4年のNBAファイナルで3度の優勝を達成した。そして、新しいアリーナは、近年知られてきた素晴らしさを確実に卓越するだろう。彼らはオラクル・アリーナとの関係を切り離すために40ミリオンを支払うのではないこと、長い目で見ればこれが最良となることを知っている。結局のところ、彼らは今シーズンの間にはるかに大きな収益を作ることは確実だ。

コロラド州の競技場の局長、スコット・マッキーベンは、「ウォリアーズはこの負債を支払うことを約束しました。この資金は、ウォリアーズのニーズを満たすための特別な修復を行うために費やされました」と話す。「将来、ホームゲームをどこで行うかにかかわらず、契約を尊重してほしいです。」


過去30年間でオラクル・アリーナには150ミリオンが投資されており、チームが負債を支払うのは間違いない。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top